海外クリエイター招へいプログラム

海外クリエイター招へいプログラムとは

本プログラムは、日本の文化庁が主催する「メディア芸術クリエイター育成支援事業」の一部として、世界から若手の優秀なメディア芸術(メディアアート、映像、ゲーム、アニメーション、マンガ等)のクリエイターを東京に招へいし、日本のメディア芸術文化に触れ、日本のクリエイターと交流しながら、作品やプロジェクトの調査・制作機会を提供するクリエイター・イン・レジデンス・プログラムです。日本国内での調査や作品制作を通して、メディア芸術における国際交流の推進を図ることを目的とします。

詳細は「平成30年度海外クリエイター招へいプログラム募集要項」をご覧ください。
>> link
 
 
 

Residency for International Creators with Exploratory Projects

This residency program is part of the “Project to Support Emerging Media Arts Creators” organized by the Agency for Cultural Affairs, Government of Japan (Bunka-cho in Japanese). Emerging artists in Media Arts (Media Geijutsu in Japanese) around the world are invited to come and stay in Tokyo to create new works. Whether the works are media art, videos, games, animations, or manga, the artists will be able to experience Japanese Media Arts culture, with additional opportunities to meet with Japanese creators to discuss their works. The aim of this program is not only to support the realization of works and research projects but also to stimulate cross-cultural dialogues through Media Arts.

For details please check our Application Guide on the link below
>> link

 


Top